Search this site
teteriaの活動やお茶の事やイベント事 、日々の出来事を書き出します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
はじめてのコーヒー&紅茶 クリスマスギフトセット!


mile booksからの書籍『はじめてのコーヒー』(堀内隆志・庄野雄治 著)と『はじめての紅茶』(大西進 著)の
2冊をより楽しむためのクリスマスギフトセットが発売となります。


なにが良いってこの缶見てください。はじめて見る形 ちょっと寸胴の小さめ缶ですね。




白缶が実にクリスマスっぽい。やわらかな色合いのイラストはお馴染み福田利之さんです。
これトートに、コーヒー豆と紅茶、缶どちらかひとつ(セットによります)が入ってくる
オールインワンですね。冬も深まる12月、この時だけのコーヒーと紅茶をたのしんで頂きたいです。

紅茶、今回はキームンをセレクトさせていただきました。




★ 茶葉の作りが丁寧です。


キームンはオリエンタルな魅力たっぷりの
中国紅茶です。普段のteteriaラインナップにはない商品ですのでこの時だけのお楽しみです。
なぜ無いかというと高価だからです。ぼくは高すぎない、日常でもなんとか飲める範囲の紅茶が好きですし
そういうものをみなさんに紹介したいと思っております。
でもほんとうにおいしい物というのはありまして、そういうものも時々楽しんで頂きたいという思いもあります。

この紅茶、お菓子との相性もすごくよくて、一緒にたのしむとお菓子とお茶双方の魅力を深く感じます。
チョコレートに合う紅茶はなにかと聞かれたら、ぼくは迷わずこの上級キームンと答えます。
香りがふわりと最後まで残るんです。渋み少なく口当たりは柔らかく。そんな紅茶です。

生涯一度も飲まない方が大半でそれくらい飲む機会が少ないと思っています。希少というよりは
シーンがないのです。飲むシーンが。よっぽどの紅茶好き以外だれも淹れてくれないでしょうし。
ダージリン、ウバにならび世界3大紅茶の一つに数えられる逸品です。
生涯一度飲むならこういうの飲んでいただきたいなぁと思い今回のセットに選ばせて頂きました。



今回は2セットあるのです。
ディモンシュセットとアアルトセット、そのどちらにもキームンが入ります。
缶の色が違うようですので下記リンク先、ミルブックスのinfoから詳細を御覧ください。
数店舗で12月10日くらいからの発売を予定との事です。(各2625円)
リンク先下の方に店舗名が載っています。それぞれのお店さんがそれぞれの方法で
販売するようですので最寄りの各店舗にお問い合せ下さいませ。

ミルブックスhp http://www.millebooks.net/info.html

 
posted by teteria | 12:42 | テテリア日記 | - | - |
teteria 紅茶の時間 紅茶の道具 終了いたしました。


5日間 紅茶まわりのイベントとしてin-kyoにて開催しました「teteria 紅茶の時間 紅茶の道具」
昨日を持ちまして会期終了となりました。たくさんのご来場ありがとうございました。

紅茶は早い段階で欠品してしまい反省しております。
ミルクティー三姉妹、今後もブラッシュアップして冬のイベントでの定番にしていきたいと思います。

煮出し、煮込みミルクティー体験イベント「meets the chai」はとってもおもしろかったです。
40人弱のお客様とお一人お一人話しながら、そこにしか無いミルクティーを作り続けました。
人が来てくれるか不安な気持ちもあったのですが、結果的にオープンからクローズまでノンストップでした。
ほんとやってよかったです。ミルクティー(やチャイ)をつくる喜びや楽しみを感じて頂けたようです。

吉田くんの面取りカップ、よかったです。ほんとカッコ良かった。また一つ新しい形を見せてくれました。
この冬にもう一度吉田くんとの2人イベントありますがその時もぜひ見せて欲しいです。

古道具ヨシミの古物、いかがでしたでしょうか。ぼくはね、興奮しましたよ。ほしいものがいっぱいあった。
イーグルのビーカーとか最高。やかんもたくさん引き取られていきました。赤いやかん素敵だったな。
古物は流れるものなので、目の前にいいものが見えたらサッと手をださないと今度はいつ来るかわからない
というたのしさとスリリングな気持ちが交差します。自分が持っているべき品物ではないか!と直感を信じて
手をだす みたいなの すごく楽しいです。

「 器 古道具 紅茶 」 とてもいい5日間が過ごせました。
in-kyo店主 中川ちえさんありがとうございます。


大西
posted by teteria | 12:11 | テテリア日記 | - | - |
2013 紅茶の時間 紅茶の道具 開催 11月1(金)〜5(火)



11月1日から5日までin-kyo(駒形)にて紅茶とお茶まわりの小道具、紅茶のためのカップを集めたイベントを行います。

2年ぶりの開催となります。紅茶につかえる道具やカップなどを販売します。もちろん紅茶の葉もたくさんそろえます。

大西は1日2日3日(金土日)と在廊します。
3日(日)には【meets the chai 】 煮出しミルクティーの体験イベントを開催。
自分の好みの煮出しミルクティーをいっしょにつくりましょう。
道具や材料を用意しておきますのでいくつかのポイント説明の上
実際につくってコツを掴んでいただけるような簡易レッスンにしたいと
考えています。これすっごくたのしいですよ。
(予約不要 先着順 参加費 500円)詳細は後日。

小道具は古道具屋 野田よしみの見立です。
今年もはじめて見るような「やかん」がいくつか来ています。それぞれの品の説明もこちらのブログに掲載していきますので
ぜひ御覧ください。 紅茶の道具とタイトルにありますが、通常のいわゆる紅茶の道具としての道具ではありません。西洋アンティークとかそういうのではないのです。
日本のすこし古いものを中心にした品揃えで、こういうの紅茶につかうと雰囲気が甘くなりすぎなくて、過剰な華やかさから遠ざかる事ができて僕達の紅茶が保たれるっていうものなので、ようは見立のようなもので。茶葉をすくうスプーンとかもティーメジャーではなくて自分の好きなスプーンを見つけてそれで繰り返し量ることでコツを掴んで自分だけの道具にしていこう という感じなのです。

器は吉田直嗣 もうながいこと「僕だったらこういう器で紅茶飲みたいんだけど」と
他には無いティーカップを作って頂いています。ほんと、すげーかっこいいです。
今回のDMには面取りカップが出ています。これで甘くしたちょっと濃厚な煮出しミルクティーのんだらとってもいいわけです。
ほかにもいくつかある予定ですのでとても楽しみです。


では11月の1から5日、in-kyoにていろいろな品物お楽しみくださいませ。



大西


 
posted by teteria | 09:39 | テテリア日記 | - | - |
ticomoonとirodoriでteteria 14日です。
次の月曜日ですが、予約受付中です。
音楽聴きに行きませんか?

ticomoonのお二人が伊豆仁田のirodoriさんへやってきます。

僕は紅茶で参加します。
つまり、音楽ライブに簡単紅茶教室がついてくる というわけです。
週明けの14日の夕方スタートです。3連休の最終日、お席ご用意出来ますのでぜひお越し下さい。音楽と紅茶。

お申し込みはirodoriへ直接お電話またはメールでおねがいします。


0559701666
http://www.irodori-nitta.com/contact/index.html


音楽を奏でる人は普段どんな風に過ごしているんだろうと考えた事はありませんか?
僕達とはなんだか違う気がします。何を音にしているんでしょうか。僕はその出処が気になります。
伝えたい事が言葉になって溢れ出てくるシンガーの方もいらっしゃるし、体の中にもともと音を持っていて
それが鍵盤とともにはじけ出てくるようなピアノのライブも聴いたことあります。

ハープ奏者のゆかさんのツイートをみていると、よく「空を見ている事」がわかります。
ticomoonのあのきもちの良い音楽は広々とした空を見上げているような気分にさせるので、
ゆかさんが見上げた空や見てきた景色が音になって弦に跳ねて僕達の所に届くのではないかと、
先日きれいな夕日を見ながら考えました。
ほんとうのところはわかりませんが、いちど質問してみたいことの一つです。

ゆかさんは東京からも富士山をみているようで天気のいい日に「見えた!」と書いています。
2人が来る日、大きな富士山を楽しんでもらいたいなぁ。

10月14日〈月〉
ticomoon  × teteria

ライブまだお席ご用意できますので、ぜひご参加下さいませ。
3連休の最後、良い時間すごしましょう!

irodoriさんのケーキ、ほんとおいしいのでぜひ食べにきて下さい!


大西
posted by teteria | 03:27 | テテリア日記 | - | - |
tico moon と 伊豆のイロドリさんで。
 
人は知らずのうちに自分にとって心地よい音楽を探し、生活の中に取り入れているのだと
先日感じるできごとがありました。


ticomoonのお二人の指先から弾かれて飛び出してくる音は僕達にとって
すごく心地いいものだということを改めて強く感じました。

秋が始まります。今月の14日、3連休の最後の夕方から伊豆のイロドリさんで
ticomoonの二人の音楽会が開かれます。僕も紅茶で参加して、いれ方教室と
紅茶の話をさせていただきます。音楽と紅茶、秋の始まり、楽しい会にしますので
ぜひご参加ください。

お席まだありますのでご興味ある方はお早めにエントリーくださいませ。

ご予約はirodoriさんへ → 詳細とお申しみ

もしくは ミルブックスへ


どうぞよろしくお願いします。

posted by teteria | 03:56 | テテリア日記 | - | - |
テテリアレッスン メゾン ロミユニにて。9/30

 毎月月末日曜日恒例  学大メゾンにて教室でした。

今日はダージリン特集。

ダージリンというのは不思議な紅茶で、もっともポピュラーでありながら
もっともマニアック。今日はいろんなものを飲みました。


僕たちにとってのダージリンは高級紅茶、それもとてつもなく高い。
100g4000円とか普通なんです。
(普通なだけで4000円が安いとかじゃないですよ)

一方紅茶とあんまり関係なく過ごしている人にとっては
ダージリンって、すごく一般的、なにせどこの喫茶店でも飲めるし
どこでも買える。特別な紅茶だとはおもわれてないんじゃないかと
思うんですね。カルディーでトワイニングのダージリンブレンドが
200g800円くらいで、わりと高いね、くらいの感じに捉えられてると思っています。


ダージリンには高いものと安いもの、利便性をとったティーバッグやポーションもあり、
様々です。
高ければいいというわけでもなく、安いのでいいというわけでもない。
その時のシチュエーションによって使い分けたり、飲み分けたりすることが大事です。


いろいろ試飲してもらいました。
ティバッグ、国内大手パッカーのお手頃価格のダージリン、農園物の高級茶。

春夏ののみ分け、細いbopタイプの茶葉と形状を残した大きなfopタイプの茶葉の意味合いと
のみ分け。ダージリンという産地を同じくする茶葉のいろいろな結果である茶葉たちを
幾つか角度を変えて飲んでみました。


高級茶にあるのはやわらかさと、特徴的な香り、余韻の心地よさなどが感想としてあがりました。これはのみくらべることでどなたも識別できていたのが印象的でした。
価格帯で飲み分けていただいたので、日常性なども一緒に考えながら体感していただけたのでは
と思います。

季節に一度は良い物をと思います。高級茶は決して日常ではないと思いますので、特段それを
欲さなければ普段は負担にならない価格帯のものを楽しむのがダージリンにかんしてはいいのかなというのが僕の見解です。中途半端な価格帯のダージリンには手を出さないというのも
僕の考えとしてお伝えしました。


思っていたよりもすごく盛り上がり、たのしい教室となりました。
産地による茶葉の理解、今月はアッサムです。
たのしかったのでこれからもちょっと続けて行きたいと思います。


ご参加下さったみなさまありがとうございました。







posted by teteria | 03:56 | テテリア日記 | - | - |
10月の予定
 
10月の予定です。

10月5日(土曜)〜13日(日)    場所  あかまんま 新町 
吉田直嗣陶展 + teteria 秋冬の紅茶


5日6日は紅茶のいれかた教室があります。詳細はこちら。お申し込みは9/26 日より

 

10月13日(日)   トラベラーズ ファクトリーにて 受付中です。

tico moonの演奏会とteteiaの紅茶「旅人のためのハープとギターと紅茶の時間」

演奏とテテリアの紅茶のいれかた教室、いがらしろみさんのお菓子付き
ticomoonのお二人が奏でる音楽に気持ち静かに震える時間になると思います。
オオニシも大好きなろみさんのお菓子!も。途中で大西の紅茶トークはいります。
よろしくお願いします。最近使い始めたトラベラーズノート、ここでしか手に入らない
グッズもたくさんあります。ダイアリーやノート探しでもお楽しみ下さい。


10月14日(日) 17:30〜  伊豆仁田 ケーキカフェ irodori にて  受付中です。

tico moonの演奏会とteteiaの紅茶 

13日の中目黒に続き、伊豆でもtico moonさんとのイベントを開催します。

演奏とテテリアの紅茶のいれかた教室

3連休最後の夕方。ゆっくりとすごしませんか?
昨年も好評だったticomoonの演奏会。大西もおじゃましましたが、途中で
娘が階段でころんで歯が抜けたという電話をうけて早退した事を思い出します。
今年は一緒に最初から最後まで楽しめるはとてもうれしいです。
いっしょに耳と気持ちに栄養をあげましょう。
イロドリのケーキ、すっごくおいしいのでこの機会に一緒にお楽しみください。
途中で大西の紅茶トークはいります。よろしくお願いします。


10月27日(日) 学芸大学 メゾンロミユニにて 11:00〜 満席となりました。
                        
15:00〜 募集中です

毎月月末恒例のteteria lesson です。

今月のテーマは「アッサムティー」
ミルクティー向きctc茶葉の産地として世界的に有名な産地です。
歴史的にみても興味深く、また茶葉もバラエティにとんでいて興味はつきません。
ストレートでのめるコク深い茶葉からミルクティー、チャイに最適なctc。
それぞれを生かす飲み方をお伝えするレッスンです。

茶葉の産地から入る紅茶。面白い目線でお伝え出来ると思います。
冬に役立つスパイスチャイなども作りますのでご期待くださいませ。




posted by teteria | 03:11 | テテリア日記 | - | - |
群馬 あかまんまにて 10月5日6日 教室です。

 
先日の銀座/日々での吉田君の器展、かっこよかったですね。ほんと回を重ねる毎に
美しくなる。吉田くんの器、沢山の方に見て、使ってほしいと願います。

群馬・高崎新町での展示の案内です。

吉田直嗣の陶展とテテリア紅茶のイベントです。

日時/10月5日(土)〜13日(日)
am10:00〜pm7:00
■場所/akamanma新町

吉田君の器が集まります。teteria 秋冬の紅茶もたくさん持って行きます。
みなさまのご来場をお待ちしております。






会場は群馬県高崎市新町 「あかまんま 新町」※新町駅徒歩5分  (地図★

あかまんまさんは器はもちろん生活に関わる物を扱う名店で、長く良いものを紹介し続けているお店です。お店は藤岡市ですが、今回の吉田直嗣展は 特別展示として新町のスペースを
解放して行なわれます。



今回は吉田くんの展示に合わせてteteriaの紅茶販売と5(土)6(日)に一回づつ
「はじめての紅茶」いれかた教室を開催させて頂きます。
紅茶を前にした時の基本的なあれこれを、必要な少しの知識とコツを中心にお伝えします。

紅茶は、「こうするとこうなる」というのがわかり易くでるので実際に飲みながらですと
内容も頭に入りやすいと思っています。あると便利な道具、茶葉の形状の話、
デモンストレーション、試飲、御菓子などたのしい内容となっております。

紅茶の事興味はあるけど知らない方、なんとなくいれてるけど自信の無い方、昔楽しんでいたけど
最近のんでいなかったけど、もう一度日々のたのしみとして取り入れたい方。どんなかたも
いらして下さい。一緒に楽しく紅茶のみましょう!

受付は9月26日からとなっております。お申し込み★あかまんまhp



僕の実家は群馬の桐生市で18才まで過ごしました。群馬でのイベントはこれが初めてです。
群馬をはなれて17年、毎年年に一度帰省するくらいなのですが仕事でいけてとてもうれしい
です。群馬の空気(森の匂いがする)も群馬の水も大好きなので良い会になると思います。
ぜひぜひご参加くださいませ。





posted by teteria | 02:27 | テテリア日記 | - | - |
日曜喫茶でした。
 
台風でどうなることかと思いましたが、日曜喫茶中はそれほど強い雨もなく無事に
開催することができました。

ご来場のみなさま、雨雲の隙間にさっと出かけてくださって、ほんとうにありがとうございました。
おまたせしてしまったり、机や椅子がたらなくご不便おかけしたり、なかなか行き届かない点ありましたらすみませんでした。

スタッフや関係者のみなさまにも感謝しています。
福田さんの珈琲、入れている姿かっこよかったな。
桑原奈津子さんのお菓子、おいしかったですね。
AKlaboさんのお菓子は相変わらず魅力的。てふてふさんのお菓子はすっごくかわいらしく。
三階にあるhibiさんは明るくとてもすてきな花屋さんでした。福田さんのグッズ展開催中の
36さんには帰りに寄らせていただき買い物たのしみました。
元ロカリテスタッフさんにお助けいただいて紅茶いれるのに集中出来ました。
まかないに頂いた元ロカリテスタッフさんのまかない弁当、オクラの歯ごたえ絶妙でした。
ポポヤンズ、はじめてお会いできて速攻ファンになりました。
そして愛さん。ぼくはずっとブログでもツイートでも「大阪に帰る」と何度もなんども
打ち込みました、神戸でした。勘違いでした。


なんというか、最高たのしかったです。


ロカリテというカフェは不思議な場所です。いろいろなカフェを見てきましたが、
そのなかでもちょっと変わったお店です。ロカリテは場所という意味だと思いましたが、
まさにそれが大事なんだ という店主の思いがいろいろな人の手をかりて具現化していく
というか、大げさに聞こえるかもしれませんが、奇跡のようなお店だったと感じています。

昼過ぎ、雲の隙間から光がさして飾られた花の色が鮮明になり、
わいわいと各テーブルから世間話がうっすら耳に届き、心地よい音楽が流れ
カウンターのこちらでは黙々と珈琲や紅茶、お菓子を準備し、なんとなく
場に一体感がうまれゆっくりと時間がながれていく、まさにあの時のロカリテだなぁと
いう瞬間がありぼくは幸せでした。カフェや喫茶店のしごとって世界で一番幸せな仕事だと
おもっているので。久しぶりにそいうの感じれてほんとうによかったです。

あいさん、ありがとうございました。ご一緒できてたのしかったです。おつかれさまでした。
神戸へいってもたのしくお過ごしくださいね。いつかまた水曜喫茶よんでください。
ふくださんもこのような機会をくださってとても感謝しています。


たのしかったなぁ。

僕はまた声をかけていただけるようにがんばります。
この仕事をしててよかった。







posted by teteria | 05:15 | テテリア日記 | - | - |
福田さんの展示今日から。15日は日曜喫茶で大西紅茶いれ。
 
本日から始まる福田利之さんのグッズ展。

日々いろんなところで生まれている福田さんの手がけたグッズなどを中心にどーんと集まる
販売会です。福田さんのフリマ的なかんじでしょうか。これは実際行ってみないとなんとも
言えませんが福田ファンにはたまらないイベントであることは間違いないですね。
吉祥寺36さんにて始まります。
もう絶対ね、早いほうがいいですよ。たのしみですね。
テテリアと福田さんの直接的な関わりは「はじめての紅茶」のイラストを書いて頂いてから
なのです。僕を似顔絵で書いて頂きとてもたのしい内容となり、普段は遠い感じの紅茶の
いれ方の話が親しみやすくかんじられました。

福田さんの似顔絵ってね、ほんといいんですよ。

今回のグッズ展用に福田さんに紅茶のパッケージイラスト
書いていただきました。

(嬉しかったので、赤太字にしてみました。)
ほんと超忙しい中やってくださいました。もうこれロカリテファンの為の記念品です。
なんとロカリテの愛さんのイラストをお願いしすっごい素敵に書き上げて頂きました。

ロカリテの愛さん地元である大阪へ帰ってしまうので、こういうイベントも今後は難しい。
ロカリテを大好きなみなさまの手元に残るような紅茶をとおもい、

真っ直ぐな瞳の愛さんパッケージにて特別な紅茶をお届けします。
(とても素敵なので太字にしてみました。)

紅茶は澄んだ味と香りのやわらかな紅茶となりました。

ダージリン、ネパール、ニルギリといった紅茶のミックスで
誰にでも飲みやすく、すっと口にはいるような紅茶となっています。

ロカリテに感じていた洗練という感情。そんなことを考えながら作りました。
今回限りの紅茶ですのでぜひこの機会に味わって頂きたいです。



日曜喫茶


15日にhibiさんで行われる日曜喫茶というイベント。
以前ほぼ日の企画(←これおもしろいのでぜひ)以来、珈琲探求の日々を送られている
福田さんがロカリテで水曜日にバイトして珈琲をいれる水曜喫茶という名物イベントが
あったのです。
息のあったお二人が珈琲と共に提供するたのしい時間なわけです。
このたび愛さんが地元の大阪に帰るという事が決まり、では最後にあのイベントを
と言うことで日曜日だから「日曜喫茶」やりますという事になったのです。
大西、紅茶いれにこないかなとお誘いうけて、大好きなお二人のお手伝いがてら
紅茶部門で参加します。当日はお二人のともだちの桑原奈津子さんも参加されます。

前述の「紅茶とロカリテ」というスペシャルな紅茶をいれています。
珈琲のめないかたも日曜喫茶をたのしみにいらしてください。
紅茶のみましょう!


お菓子はおいしいお菓子やさんAKlaboさんとてふてふさん。
こちらもたのしみです!


では日曜日にまた。



ロカリテが一日復活する。





posted by teteria | 05:53 | テテリア日記 | - | - |